これからはじまる教育改革

変化の激しいこれからの社会で生き抜く力を育てるために、2020年から大きな教育改革がはじまります。なかでも情報活用能力が重要視され、小・中・高でプログラミング教育が必修・拡充になる点は重要なポイント。まずは正しい知識を身につけ、早めの準備を考えてみてください。

※情報活用能力:コンピュータ等の情報手段を適切に用いて情報を収集・整理・比較・発信・伝達したりする力で、基本的な操作技能やプログラミング的思考、情報モラル、情報セキュリティ、統計等に関する資質・能力等も含むもの(学習指導要領解説の要約)

教育改革はこう進む

小学生
2020年 
プログラミング教育必修化
理科や算数などの教科のなかで、プログラミング的思考を養う授業がはじまります。
中学生
2021年 
プログラミング教育拡充
技術・家庭科において、プログラミングに関する学習内容を倍増。実践的なプログラミングの授業がはじまります。
高校生
2022年 
プログラミング教育が必修科目に
必修科目として「情報I」が新設され、プログラミングを問題解決に活用することを学ぶ授業がはじまります。
大学生
2024年 
大学入試にプログラミング
大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目の導入が検討されています。