パソコンで子どもたちの「学び」が変わる 子どもはマイパソコンで勉強するの? パソコンを買ってあげる親と、使っている子ども。それぞれのホンネは? パソコンを買い与える親御さんは、お子様に何を期待しているのでしょう?また実際に使っている子どもたちは、どのようにパソコンを学習に活用しているのでしょう? リアルな実態を調査しました。 パソコンで子どもたちの「学び」が変わる 子どもはマイパソコンで勉強するの? パソコンを買ってあげる親と、使っている子ども。それぞれのホンネは? パソコンを買い与える親御さんは、お子様に何を期待しているのでしょう?また実際に使っている子どもたちは、どのようにパソコンを学習に活用しているのでしょう? リアルな実態を調査しました。

調査手法:インターネット調査/調査委託先:株式会社マクロミル/調査地域:全国/調査期間:2016年6月29日~6月30日/有効回答数:1,548サンプル 調査対象:第一子が中学、高校、大学のいずれかに通っている親※中学生 偏差値*65以上:258人 ・ 偏差値*65未満:258人/高校生 偏差値*65以上:258人 ・ 偏差値*65未満:258人/大学生 偏差値*65以上:258人 ・ 偏差値*65未満:258人

親のホンネは、「パソコンで勉強してほしい!」。 お子様にパソコンを買い与えた理由としてもっとも多かったのは、「自宅での学習に役立ててもらうため」。親御さんも、パソコンは子どもの学習のつよい味方になると感じているようです。学習へのサポートのほか、「子どもの将来のため」や「自分で調べて解決する力をつけてもらうため」といった回答も。学校でICT教育が取り入れられていくなか、親御さんご自身も、お子様に十分なITリテラシーを身につけてほしいと願っていることがわかる結果となっています。 1位 自宅での学習に役立ててもらうため 学校での勉強のサポート 2位 子どもの将来のため 3位 自分で調べて解決する力をつけてもらうため

子どもの利用目的は、「調べもの」がダントツ! マイパソコンを持っている中高生は、「勉強に必要な調べもの」のために使っていることがもっとも多く、次いで「塾や予備校の自宅学習」や「受験勉強」などが上位に来ています。特徴的なのが、偏差値*の高い中学生からの回答。「英会話」や「プログラミング」など、将来の受験や新しい教育プログラムの影響が見受けられます。「さすが今どきの中学生!」といった印象です。

ほとんどの親から、「買い与えてよかった!」の声が! 中高生の子どもを持つ親御さんのほとんどが、パソコンを買い与えたことで実際に「子どもの勉強意欲が高まった」「楽しんで学習している」「勉強時間が伸びた」「勉強が効率的になった」と感じているようです。そのほかにも、「情報収集能力」や「IT、デジタルへの理解」、「資料作成能力」などが向上したと感じている様子。子どもにマイパソコンを持たせたことへの満足度は、実に約90%を超える結果となりました。 子どもにマイパソコンを持たせたことへの満足度 約90% *偏差値:本調査においては、学力を図る一つの指標として偏差値を採用しています。本調査における偏差値は調査対象者である親御さんの回答に基づいています。